SANAKAの歴史

震災のさなかに…
1995年3月7日にOPENしたから…

  焼鳥『最中(SANAKA)』

1995年3月 阪神香櫨園本店オープン

震災の混乱のなかでのスタートは、ガスも水道もない、ドアもない、空きガレージの一角に焼き台ひとつ、テーブルひとつ、といった状態の屋台店でした。それでも、備長炭でじっくり焼かれる焼鳥に、多くの人々が見せられ、疲れきった心と体をここで癒していきました。思いあふれる人情の輪が広がり、かけがえのないパートナーとの出会いもありました(現在sanakaグループ専務の中西との出会い)震災と同時にSanakaは歩みを始め、かくして、香櫨園本店はオープンにつながったのです。


1999年 2号店  阪神西宮店オープン

「焼鳥をおしゃれに食べてもらいたい!」。新たな発想から、阪神西宮店をオープンさせることになりました。 本格バーカウンターをしつらえ、ワインをそろえ、若者から年配の人たちみんなが、それぞれの時間を楽しみ、雰囲気を楽しみ、ワインも、焼鳥もじっくり味わう…今までの焼き鳥屋のイメージを覆した大人のためのプライベート空間の誕生。「焼鳥とアルコール」の奏でる共演を、心ゆくまでお楽しみください。


2000年 3号店  阪神鳴尾店オープン 2010年7月20日〜10月27日改装のため休業→→2010年10月28日リニューアルオープン

「おいしいパスタにこだわりたい!」、「本格パスタを焼鳥と一緒に楽しんでもらえたら!」そんな熱意が、阪神鳴尾店オープンにつながりました。ゆっくりプロペラの回る高い天井、映像を楽しめる大型スクリーンに、外気を楽しめるテラス席…突き抜けのオープンキッチンにはオーブン釜と焼き台を設置、「パスタと焼鳥」の融合を実現させました。こだわりのパスタ料理、オーブン料理の数々は、専門店の本格的な仕上がりです。ワインや、カクテルをセレクトし、バーカウンターをしつらえ、「パスタと焼鳥」「ワインとパスタ」も融合をここで実現させました。住宅街の開放空間”らしくない…Sanaka”、新しいスタイルを十分にお楽しみください。


2003年7月 JR立花店オープン  同年9月閉店

「おいしい餃子がたべたい!」もっと気軽に餃子を食べたい…、そんな思いから、お持ち帰りメインの立花店が誕生しました。小さな店舗に、anakaのいいところを詰め込んだ店舗。店内でおやつ感覚に餃子を何種類も頼んで食べる方や、ご家族にお土産としてお持ち帰りするお客様が多い店舗でした。


2003年11月22日 4号店  JR甲子園口店オープン   2013年8月27日閉店

「餃子だってお洒落に!」、「女性も充分に楽しめるヘルシーな餃子を作りたい!」。そんな念願がかなって、「ぎょうざSanaka」をオープンさせることになりました。独創的な「ぎょうざ」の数々にこだわり、本格パスタ、本格オーブン料理をそろえ、「ぎょうざとパスタ」、「ぎょうざとワイン」の共演をはたしました。想像を超える食材がぎょうざになる…、時空を超えたSanakaの世界。「えっ、これがぎょうざ?!」の感動を、心から楽しんでいただければ光栄です。


2005年1月22日 5号店  JR芦屋店オープン

「もっと、おしゃれにぎょうざを!」、「もっと気軽にぎょうざを食べてもらいたい」。カウンター席をメインにしたバー感覚のお店です。居酒屋なのに、気軽で、大人っぽい、大人のプライベートをもっと楽しんでいただけるように店内にはJazzがながれ、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。立ち飲み感覚でも楽しんでいただけるように、入り口には立ち飲みブースも設置されています。「ぎょうざとワイン」、「ぎょうざとアンティパスト」。まさに、大人がアルコールとぎょうざとアンティパストを楽しむことができます。そんな空間をお楽しみください。


2006年4月22日 6号店  JR元町店オープン

「レンガで焼いたっていいじゃない!?」、そんな念願がかなって、「紅レンガ焼Sanaka」をオープンさせることになりました。新鮮なホルモンや、赤身肉を紅レンガの上で焼き上げる新感覚の居酒屋。Sanakaでは、初めて、テーブル席のみのお店が誕生しました。真っ白な壁に、真っ黒な天井、床。白と黒のコントラストが鮮やかです。最中で、唯一ランチを行っています。


2006年9月1日 7号店  JR摂津本山店オープン 2010年6月25日〜9月13日改装のため休業→→2010年9月14日リニューアルオープン

「もっと新鮮な鳥肉を!」、「おいしい鍋が食べたい!」そんな熱意から、本山店をオープンさせることになりました。朝挽きの鳥を、その日のうちに仕入れ、お刺身や、炭火焼きで楽しんでいただけるようにしています。 本格的な鳥専門店として、鳥のあらゆる部位をそろえ、鍋料理と、焼鳥で完結するそんな融合を果たしました。新鮮な生の鳥を食べていただき、「鳥ってこんなにおいしいの!?」という驚きを感じてください。



2009年6月26日 8号店  阪神御影店オープン  2012年9月30日閉店

Olivean Dining SANAKA がOPENしました。

Olivean? と思われる方が多いと思いますが、【焼鳥SANAKA】に仕上がっていますので、どなた様でも、お気軽にご来店いただけます。オリーブを多く使った料理などが、特徴です。

進化し続ける…というのでしょうか、西宮店を基に創っていきましたが、やっぱり、【SANAKA】といいますか、新しいSANAKAに仕上がりました。

必ず、来ていただいたお客様には、「おぉっ!!」と言っていただける仕上がりにはなっております。

しかし、やっぱり、今回も、社長石川が、がんばっておりました。「今回はスタッフに任せよう」といっておりました5月末…

OPEN1週間前から、やっぱり、といいますか、張り切って店内の内装を大工さんに混じって仕上げていました。

今回も、【SANAKA】自信作。



2010年9月14日 7号店  JR摂津本山店リニューアルオープン

リニューアル当初は【鳥白濁らーめん】を売り出していましたがやはり、というかおいしいものを食べていただきたい!と考えていましたがコストが合わず断念。

しかし、止めるだけで終わらないのがSANAKAなんです。次に登場したのが本格【ナポリピッツァ】!専用のピザ窯を設置し、イタリアンなお店に大変身!

焼鳥、ナポリピッツァ、イタリアン風創作料理etc.. をそろえたバル風なお店に仕上がりました。

ワイワイとワイン飲みながら楽しく過ごしたり、立ち飲みカウンターで気軽に立ち寄ることもできます。



2010年10月28日 3号店  阪神鳴尾店リニューアルオープン

ずっと、やってみたかったお店がようやく形となり、皆様に披露できます。

窯で焼いたピザがどうしても作りたくて、鳴尾店に入れることが出来ました。せっかく、窯を入れるのですから、お店もお洒落にしよう!ということで始まりました店内改装工事。

なんと、改装期間まるっと3ヶ月強!! ビックリする長さです。しかし!その分十分満足できる店舗となりました。摂津本山店に続き、ホールのスタッフは白シャツです。

サナカで白シャツ!!これも、夢の一つでした。

窯焼きピザは生地も本格ナポリピッツァの生地です。薄く延ばし、みみの部分はちょっと焦げるくらいで、もっちもち!

ピザ以外にも、炭火焼鳥、パスタなど、イタリアンな居酒屋に仕上がりました。

女の子同士、恋人と一緒に。シアタールームもあります!お子様連れでも大丈夫。

常に進化し続ける「サナカ」ならではのお店です。



2012年9月30日 8号店  阪神御影店 閉店  翌日Ryu's Group「WAGAYA」独立開業 

閉店、というかたちで看板からSANAKAの文字を外しましたが、翌日から、SANAKAから中西義則が独立開業しました。

誰が一番に独立するか、いろいろありましたが、無事、独立開業できました。約17年社長石川と共に歩んでまいりましたが、この日から一人で歩むこととなりました。

SANAKAで得たこと、学んだこと、習得したことをすべて出し切って「WAGAYA]をこれから精一杯経営していきます。

ご安心ください。皆様こういわれます。。あれ?このメニューSANAKAじゃん(笑)と。一番のSANAKAいいとこどりの「WAGAYA]です。末永く皆様のご愛顧よろしくお願いいたします。





2013年6月1日 9号店  阪急西宮北口店オープン

十数年かかりましたがようやく阪急沿線、西宮北口に新店舗をOPENできました。感無量です。。

sumibi焼鳥とナポリPizza SANAKA西宮北口店です。

路面に面した店舗は外観はすべてガラスで!店内丸見え(笑)本山店ですらのれんで隠れてます。

ちょっと町屋っぽくガラス扉で仕切りなど作ってみましたが、やっぱり仕上がりはSANAKAなんですよね。

ちょっとおしゃれ、でも落ち着く。ワインや、ビールをガンガン飲みたい!という社長の要望で-2.2度の氷点下ビールエクストラコールドや、ワインセラーも完備。

個室も4部屋。36名様までの個室、貸切は60人強。宴会利用にも特化したNEW SANAKA。



2016年8月1日 阪神香櫨園店 閉店 同時に店長が独立し、そのままFCとして開業

▲ページトップへ戻る

    
会社概要

有限会社リューズ

本社所在地〒663-8111 西宮市二見町3-20 興信ビルB1
本社電話番号0798-66-8920
設立2001年12月
代表者石川 隆一
資本金300万円
売上2億2000万(2014年度)
従業員数80人(内PA70人)
事業内容焼鳥屋経営・餃子屋経営・プロデュース・鳥、餃子食材販売

妥協を許さない店づくり

洗練された料理の数々.....

心を込めたおもてなし

あふれる思い  胸いっぱいに

sanakaは成長しつづけたいと思っています

お問合せ

TEL 0798-66-8920
FAX 0798-66-8920
E-mail: info@sanaka.jp 会社へのメール


▲ページトップへ戻る

代表取締役 石川隆一

Ryu's SANAKA

有限会社リューズ 代表取締役 石川 隆一

大阪芸術大学卒業後、不動産会社の営業マンとして勤務するが、 1995年の阪神大震災をきっかけに、屋台からの「焼鳥Sanaka」を はじめる。昼は地元での不動産業を続け、夜は焼鳥屋という「2足のわらじ」、 ガスも、水道も出ない被災地でのスタートだった。

もと芸大出身、企画や政策の得意分野も大いに発揮、以降料理人として、 経営者として、店の立ち上げから店舗デザイン、内装、運営など、全てを こなしてきた。斬新な企画力と、バイタリティーの持ち主。新しい料理への こだわりも尽きず、焼鳥を皮切りに、「本格パスタ」、「創作ぎょうざ」、 「紅レンガ焼き」と新ジャンルへも次々と挑戦する。現在は『Ryu'sグループ』の 8店舗の総合プロデュースにあたる。

旅行が趣味、のような、食材探しが趣味…なのか、いろいろな場所へと 旅立ち、新しいものや、古きよきもの、土地の名産を探す… そんな日々のすごし方のせいなのか、斬新なアイディアが尽きない。

好きなもの、美味しいものを、もっとたくさんの人に味わってもらいたい! そんな思いから、次々と新しいアイディアが生まれ、創作料理などに 姿を変えていく。

今飲食店や、世間で何がはやっているのかを知るのには、 「Sanaka」のメニューや、新店舗を覗いてみていただきたい。

そこには新しい驚きや、美味しいさが詰まっています。

   

▲ページトップへ戻る

Designed by CSS.Design Sample